二俣尾の家

お母様世帯と息子様世帯との二世帯住宅です。
 ご自宅でピアノ教室をされるということで、防音対策や床の強度が課題でした。

床材は厚み30㎜の唐松フローリングにし、建物全体の耐震補強も計算しました。サッシ窓はペアガラスで遮音、断熱、結露防止効果があります。
 エアコンは天井裏の見えない所に1台のみ設置しており(天掛埋込みタイプ)、Ecoソーラーの空気循環機能を最大限に利用。また、必要に応じ手動でダクトの途中から2階居住部分へ取り込めるような工夫を施しました。
 お客様お気に入りのステンドガラスや照明機器、ビビッドカラーのダクト・椅子・キッチン扉など単調になりがちな室内にほどよく調和しています。

 野辺の家

 「省エネ対策と火を使わない暖房」をご希望のお客様。
給湯式床暖房と比較検討したのちに、Ecoソーラーを選択されました。
吹き抜けをどうするかで思案し、以前施工させていただいた別のお客様のお宅に伺って参考にさせていただきました。

 吹き抜け部分には階段部分と同じ手摺を使用し、小さなお子様の落下防止ネットは自由に取り外し出来るようになっております。
ご主人様ご愛用の大切な自転車を保管できるスペースとして、長手方向に8帖ほどの中二階を設けました。
 子供室の中央にはステンレスパイプを取り付け、小屋裏から自由にスルスルと降りてこられるようにしました。

 勝沼の家

「無垢材や自然素材を使ったエコ住宅」がご希望でした。

 Ecoソーラー(お湯採り機能付)や窓枠ドア枠にいたるまで杉材を使用するなど、予算内で出来るだけご希望に見合うプランを考えました。

 もともと石積み+ひな壇な敷地の為、解体や資材搬入に関して考慮が必要でした。また無垢材の為、湿度(雨など)で膨張して狂いが生じないように天候や運搬にも配慮しました。

 1階は桧のフローリングに自然塗料仕上げで無垢本来の風合いをいかすようにシンプルな色合わせにし、天井は梁を半分見せるようにしました。
 浴槽はTOTOのハーフユニットバス+自社オリジナル桧縁甲板張りにしました(写真7枚め)。2階廊下の洗面台は集成カウンターを丸くくり抜いてボウルを取り付けました。
 ドアや引戸も既製をやめて建具職人の手作りにしました。
 ご夫婦で珪藻土の施工実習を習得され、2部屋をご自身達で仕上げられました。とても楽しそうに施工されていました。